●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§
現在 島にて制作活動中。
桜が咲き、そして散り、暖かい風が吹く頃帰国します。

§§ 展示会予定 §§

●5/11(金)(日)三重県桑名市
個人宅
(ワークショップ・展示会同時開催)


※ワークショップ、その他

お気軽にお問合せ下さい。

Instagram●はじめました

●Chola-ちよら-
ID: chola_trip

●旅の記録
ID: abura_bara

●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§●§



2018年1月12日金曜日

温かい食事




丸1日かけて
乗り継ぎに乗り継ぎを
重ね、

ようやくネパールに
辿りついた時、
私たちのからだは、
ボロ雑巾かの様に
疲れと眠気と汚れで
よれよれになっていた。



それ以上に、
味気も素っ気もない
機内食ばかりに
温かい食べ物に
飢えていた。














宿の近くを
ぐるっと歩いていると、

プーリー(揚げパンの様なもの)
を揚げているいい香りに誘われ、

間口畳1畳分ほどの店に入った。

プーリーを揚げている
お兄ちゃんに
「ナマステ(こんにちは)」
と挨拶をし、
薄暗い店内に入り、
今何があるか(何が用意できるか)
をたずねると、
案の定、
「プーリーが揚げたてだよ」

と。

「何枚食べる?」
と聞かれ、

「2枚」
頼みしばらくすると、
目の前にプレートが運ばれた。


プーリー2枚とダル(豆のスープ)と揚げ菓子。

プーリーを手でちぎり、
ダルに浸して食べる。

油を含んだプーリーに豆と香辛料が、
絶妙に絡みあう。

ネパール料理は何かときかれると、
結局は
「カレー」と答えるしかないけれど、

「カレー」
といっても、
食べる国、地域によって、
本当にさまざまなカレーに変化する。

おいしいが体に染み渡り、
体が温まり、
心地よい眠気に襲われる。

よし。
とりあえず、
シャワーを浴びて
少し寝よう。。。



0 件のコメント:

コメントを投稿